新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのごみの捨て方について

家庭ごみを出すときには、5つのことに心がけてください。

新型コロナウイルスなどの感染症対策のためのご家庭でのごみの捨て方

また、衣類の排出についてお願いです。

川口市では、ご家庭で不用になった衣類を、繊維類の収集日に収集しています。

集められた衣類は、再生資源業者を通じて、主に海外等でリユース(再使用)されておりますが、新型コロナウイルス感染拡大防止の影響により、古着の流通が滞り、現在、再資源業者の事業に困難が生じています。

特に4月からの衣替えにより、いつもより多くの衣類が排出されていることから、衣類の保管が限界に達しようとしています。

そこで、当分の間、衣類の排出を控えていただきますようお願いいたします。

なお、衣類の収集を休止するものではありませんので、排出が必要な衣類は、通常どおり繊維類の収集日にお出しください。

できうる限り、「衣類」の家庭内での保管にご協力いただけますようお願い申し上げます。

鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみの捨て方

感染症に感染した方やその疑いのある方がマスクやティッシュを捨てる際の捨て方

新型コロナウイルスなどの感染症に感染した方や、その疑いのある方などがご家族にいらっしゃる場合、鼻水等が付着したマスクやティッシュ等のごみを捨てる際は、以下の『ごみの捨て方』に沿って、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ことを心がけましょう

手順その1

ごみ箱にごみ袋をかぶせます。いっぱいになる前に、早めに手順その2のとおりごみ袋をしばって封をしましょう。

 

手順その2

マスク等のごみに直接触れることがないようしっかりしばります。

 

 

注意点

万が一、ごみが袋の外に触れた場合は、二重にごみ袋に入れてください。

 

手順その3

ごみを捨てた後は石鹸を使って、流水で手をよく洗いましょう。

ペットボトルの廃棄について

ペットボトルは本来、資源物として分別排出していただく品目でございますが、新型コロナウイルス感染症に感染した方やその疑いがある方が利用されたペットボトルにつきましては、作業員及び処理場での感染拡大を防ぐため、一般ごみとしてお出しください。

おわりに

この『ごみの捨て方』に沿っていただくことにより、ご家族にとっても、ごみを収集・処理する作業員にとっても、ごみの円滑・安全な収集・処理を行う上で大切な行動です。

ごみを捨てる際は、ポイ捨てを絶対に行わないでください。使用済みのマスク等のごみを捨てる際にも、『ごみの捨て方』を参考に、「ごみに直接触れない」「ごみ袋はしっかりしばって封をする」そして「ごみを捨てた後は手を洗う」ようにしましょう。

参考

 

「新型コロナウイルスなどの感染症対策としてのご家庭でのごみの捨て方」 (環境省)

をもとに川口市環境部資源循環課作成

お問い合わせ

資源循環課
所在地:〒332-0001川口市朝日4-21-33(朝日環境センター・リサイクルプラザ棟2階)
電話:048-228-5370(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-228-5322

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年05月18日