生け垣や屋上緑化等に対する補助制度

民有地の緑に対する補助金のご案内

緑の風が気持ちいい そんな素敵なまちづくり

緑にはいろいろなはたらきがあります

  1. まちにうるおいを与えます。
    豊かな緑は、生活環境を美しくし、都市の姿を四季折々に変化させ、豊かな心を育んでくれます。
  2. 空気をきれいにします。
    地球上の酸素は植物により作られ、また大気中の汚染物質を葉面に付着させ、空気をきれいにします。
  3. 心を豊かにしてくれます。
    虫や小動物を育て、そこに自然のしくみと慈しむ心を人々に与えてくれる自然の教科書です。
  4. 気温を調節してくれます。
    コンクリートやアスファルトの多い市街地の気温や湿度などを調節し、自然の状態に近づけてくれます。
  5. 騒音をやわらげてくれます。
    緑のカーテンといわれるように、緑の量によって防音効果も増し、心身に安らぎを与えてくれます。
  6. 災害から守ってくれます。
    強風や豪雨、長雨による地滑りなどを未然に防ぎます。生け垣は地震にも強く、樹種によって防火の働きもします。

このようなはたらきをもつ緑を増やし、うるおいのあるまちをつくるために、緑に関する補助金をご活用ください。
緑の補助金は「川口市環境みどり基金」を財源としています。

緑の補助金について

緑の補助金には以下の二つがあります。

1 生け垣・植込地・フェンス緑化への補助金

 「生け垣設置等奨励補助制度」の改正(平成29年4月1日施行)に伴い、一部内容に変更があります。詳しくは関連PDFファイルをご確認ください。

主な改正点

  1. 生け垣の設置、フェンス緑化を補助対象→植込地を補助対象に追加 
  2. 生け垣の補助単価(1メートル当りの上限額)を7,000円→10,000円へ増額
  3. 市内業者(市内に本社、本店を有する事業者)を利用した場合は、補助単価を10%増
  4. 生け垣の延長は連続して2メートル以上→それぞれの延長(1メートル以上)を合計して2メートル以上
  5. 生け垣設置箇所の範囲を拡大(生け垣と接する道路の対象を拡大、駐車場等空地を含む)
  6. 道路と植栽の間に透過性の高いフェンスを設置する場合を補助対象に追加
    ただし、補助単価を半額とする
  7. 生け垣の延長10メートル以上の場合は、補助単価を10%増

(注意)上記3〜6については、生け垣及び植込地の設置に該当

2 屋上緑化・壁面緑化への補助金・・・

パンフレットは下記ファイルをご覧ください。

(注意1)川口市(川口市緑のまちづくり推進条例・同推進条例施行規則)及び埼玉県(ふるさと埼玉の緑を守り育てる条例・同施行規則)の緑化計画の基準の範囲内として行う緑化部分については、補助対象事業となりません。
(注意2)補助金の交付を希望される方は、必ず設置等(工事)をされる前にみどり課にご相談ください。設置等(工事)後の申請は受け付けられません。ご注意ください。
緑の補助金の流れ(申請から補助金の支払いまで)は下記リンクから

お問い合わせ

みどり課推進係
所在地:〒334-0011川口市三ツ和1-14-3(鳩ヶ谷庁舎3階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
電話:048-242-6335(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-285-2003

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2021年03月31日