固定資産の評価替えとは何ですか。

まず固定資産税とは、固定資産の適正な時価を課税標準としてそれに課税する税金のことです。本来であれば毎年「適正な時価」をきちんと出し、それをもとに課税しなければならないのですが、膨大な量の土地や家屋の評価を毎年度見直すということは、事実上不可能であるため、3年間評価額を据え置き、3年ごとに評価額を見直す制度を設けたものです。
 つまり、評価替えとは、この3年間における資産価格の変動に対し、評価額を常に均衡のとれた価格にする作業のことをいい、次回は令和3年度に行われます。また、平成9年度の税制改正で、評価替えの年度以外の年度においても地価の下落がある場合には、土地の評価額を修正することとなっています。

お問い合わせ

固定資産税課 土地第1係・第2係、家屋第1係・第2係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎4階)
電話:048-259-7638・7639・7247(土地第1係・第2係直通)
048-259-7246・7640・7641(家屋第1係・第2係直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-1609

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年07月04日