成年後見制度について

成年後見制度とは?

成年後見制度は、認知症や精神・知的障害などの理由で判断能力が不十分なかたを法律的に支援する制度です。
日常生活での契約や財産管理などを行う際の不利益や、悪質商法の被害者となることを防ぎ、権利と財産を守ります。

どのような人が対象?

主に認知症や障害などにより日常生活において判断能力が不十分になったかたです。

どのようなことができるの?

支援者が本人の代わりに以下の行為が行えるようになります。
本人の判断能力や状況により制限があります。

財産管理

本人の預貯金管理や不動産処分、遺産分割など、財産に関する契約についての助言や支援。

身上監護

介護・福祉サービスの利用や、医療・福祉施設への入退所手続き・支払いなど、日常生活にかかわる契約の支援。

どのような人が支援してくれるの?

家族や親戚(四親等内)のほか、法律や福祉の専門家(弁護士、司法書士、行政書士、社会福祉士、社会保険労務士など)がその役割を担うことができます。
家庭裁判所の審判により支援する人が決まります。

どうすれば利用できるの?

本人の住所地にある家庭裁判所に後見開始の審判を申立てます。(川口市の場合:さいたま家庭裁判所)
申立てに必要な書類や詳しい手続きについては、申立て先の家庭裁判所にご確認ください。また地域包括支援センターでもご相談に応じます。

ご相談・お問い合わせ

  • 家庭裁判所
  • 地域包括支援センター
  • 社会福祉協議会
  • 日本司法支援センター(法テラス)
  • 公益社団法人成年後見センター・リーガルサポート
  • 公証役場(任意後見制度の場合)

ほか、お近くの司法書士事務所などへご相談ください。

関連リンク

お問い合わせ

長寿支援課支援係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(本庁舎1階)
電話:048-259-7652(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-258-0670

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2018年02月28日