川口市長期優良住宅コーナー

 「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」が平成21年6月4日から施行されました。
 この法律は、良質な住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体などによる廃棄物の排出を抑制し環境への負荷を軽減するとともに、建替費用の削減により国民の住宅に対する負担を軽減し、より豊かで、より優しい暮らしへの転換を図ることを目的に制定されたものです。
 その概要と川口市における認定基準等は次のとおりとなります。

長期優良住宅とは

 長期優良住宅とは、構造及び設備等について、長期にわたり良好な状態で使用するための措置が講じられた住宅のことをいいます。長期優良住宅の建築・維持保全を行おうとする方は、当該住宅の建築及び維持保全に関する計画(長期優良住宅建築等計画)を作成し認定を申請することができます。なお、認定の申請は着工の前に行う必要があります。
 川口市内に建築される住宅の認定申請の窓口は、川口市役所建築安全課になります。

認定のメリット

  • 税制の優遇措置が適用されます。(住宅ローン減税の拡充、登録免許税、不動産取得税、固定資産税の負担軽減措置等)   
    詳しくは国土交通省の長期優良住宅に関する税制(下記ファイル参照)のページをご覧ください。
  • 住宅の維持保全を適切にすることにより、住宅の資産価値があがります。

認定申請の手順

 認定申請の手順を下記の図の例で説明いたします。
 認定申請の前に、登録住宅性能評価機関で、長期優良住宅建築等計画が認定基準(居住環境を除く)に適合しているかどうかの審査を受け、適合証の交付を受けます。
 同じく、指定確認検査機関で、建築計画が建築基準法関係規定に適合しているかどうかの審査を受け、確認済証の交付を受けます。
 次に、認定申請書等の申請書類に、この適合証と確認済証を添えて川口市へ申請します。

認定申請の手順(例)のイラスト図

(注意)建築確認申請書の第一面〜第六面の写しを添付するようお願いします。

認定基準

 川口市において長期優良住宅建築等計画の認定を受けるためには、下記の基準をすべて満たしていることが必要です。
 なお、「居住環境の維持及び向上への配慮」につきましては、登録住宅性能評価機関では審査できません。川口市で審査を行いますので、事前に登録性能評価機関に審査を依頼される際はご留意ください。

認定基準の概要
認定基準項目 認定基準
【長期使用構造】構造躯体等の劣化対策 「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年度国土交通省告示第209号)
を満たすものであること。
【長期使用構造】耐震性 「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年度国土交通省告示第209号)を満たすものであること。
【長期使用構造】可変性 「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年度国土交通省告示第209号)を満たすものであること。
【長期使用構造】維持管理・更新の容易性 「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年度国土交通省告示第209号)を満たすものであること。
【長期使用構造】高齢者対策 「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年度国土交通省告示第209号)を満たすものであること。
【長期使用構造】省エネルギー対策 「長期使用構造等とするための措置及び維持保全の方法の基準」(平成21年度国土交通省告示第209号)を満たすものであること。
住戸面積
(一戸あたり)
[一戸建住宅] 75平方メートル以上
[共同住宅等] 55平方メートル以上
(注意)ただし、少なくとも1の階の床面積が40平方メートル以上(階段部分を除く)であること。
【居住環境の維持及び向上の配慮】地区計画等の区域内における取扱い 地区計画区域のうち、地区整備計画が定められている区域内において、申請建築物が当該地区整備に適合していること。
(注釈)川口市の地区計画(都市計画課ホームページ) 
(注釈)川口市の地区計画のパンフレット(都市計画課ホームページ)
(「浦和東京線沿道地区計画」については、「けやき通り沿いのまちづくり」のパンフレットをご覧ください。)
【居住環境の維持及び向上の配慮】景観計画の取扱い 市内全域において、申請建築物が川口市景観計画に適合していること。
(注釈)川口市景観計画(都市計画課ホームページ)
【居住環境の維持及び向上の配慮】建築協定の区域内における取扱い 建築協定の区域内において、申請建築物が当該建築協定に適合していること。
(注釈)川口市の建築協定
【居住環境の維持及び向上の配慮】都市計画施設等の区域内における取扱い 次の区域に立地していないこと。ただし、住宅の立地が当該区域の設定の目的を達成するものである場合は、この限りではありません。
  1. 都市計画法第4条第4項
    に規定する促進区域
  2. 都市計画法第4条第6項
    に規定する都市計画施設の区域
  3. 都市計画法第4条第7項
    に規定する市街地開発事業の区域
  4. 都市計画法第4条第8項
    に規定する市街地再開発事業等予定区域
    (注釈)川口市都市計画情報マップ
    (地図をクリックすると情報が表示されます)
維持保全の期間 建築後の住宅の維持保全の期間が30年以上であること
資金計画 建築、維持保全を遂行するために適切なものであること
(注釈)「認定申請に係る維持保全計画及び資金計画について」を確認してください。

その他

「長期優良住宅の普及の促進に関する法律」の詳細につきましては、国土交通省のホームページにも掲載してありますので、ご参照ください。    

お問い合わせ

建築安全課建築審査第2係
所在地:川口市三ツ和1-14-3(鳩ヶ谷庁舎5階)
(郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1)
直通:048-242-6346(直通)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
ファックス:048-285-2003

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2020年07月22日