罹災証明・罹災届出証明について

更新日:2019年05月01日

証明書の種類(2種類)

市内で発生した地震や風水害などの災害によって被害を受けた方に「罹災証明書」または「罹災届出証明書」を交付します。被災状況や使用用途によって必要な証明書が異なりますので、以降の記載やフローチャートを参照いただき、必要な書類について申請ください。

「罹災証明書」については市民課、各支所、または消防局(火災の場合のみ)に、「罹災届出証明書」については危機管理課が窓口となり、交付手数料はいずれも無料です。

罹災届出証明書及び罹災証明書の申請に係るフローチャート(PDFファイル:135.2KB)

1.罹災証明書

災害(火災を除く)による家屋の倒壊などの被害にあわれた場合に証明を行います。証明の範囲は「家屋の物件の全壊、流失、大規模半壊、半壊、一部破損、床上浸水、床下浸水の被害」です。

税の減免又は猶予等に使用されます(罹災証明書の申請をもって必ずしも税が減免されるわけではございません。)また、行政からの各種被災者支援を受けるために証明書として使用する場合もあります。

(注意1)被害の程度を証明するために、国の基準により職員が現地調査を行います。
(注意2)罹災証明書の申請は、被災日より期間が空いてしまうとその災害で被害を受けたものかどうか判断できなくなるため、なるべく早く申請ください。(申請可能期間は災害発生日から原則6ヵ月間とし、大規模災害の場合は、被害の程度により期間を延長します。)
(注意3)火災の場合は⇒消防局のページへ
(注意4)申請受付後に現地調査を行い、後日、判定結果(証明)を発行いたします。

【税の減免について】

災害により住宅、家具などに損害を受けた場合、雑損控除が受けられる場合があります。控除を受けるためには、所得税の確定申告を行う必要があります。その際に「罹災証明」が必要になります。雑損控除の申請の際に必要な書類、手続きについては、税務署にご確認ください。
 

【介護保険料、利用者負担額の減免】

交付申請先・問い合わせ

市民課または最寄りの支所にて受付いたします。

【市民課】(第一本庁舎3階)
   住所:川口市青木2-1-1
   電話:048-258-1110(代表電話番号)
   (注釈)「罹災証明書の申請で市民課につないでください」とお伝えください。
   電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

【支所】
 ・芝支所
  住所:川口市芝6247
  電話:048-265-1166
 ・新郷支所
  住所:川口市東本郷944-1
  電話:048-281-0142
 ・神根支所
  住所:川口市神戸6−1
  電話:048-281-0931
 ・安行支所
  住所:川口市安行原2155
  電話:048-295-1801
 ・戸塚支所
  住所:川口市戸塚3-11-1
  電話:048-295-1807
 ・鳩ヶ谷支所
  住所:川口市三ツ和1-14-3 川口市役所鳩ヶ谷庁舎1階
  電話:048-280-1200
各支所の電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)
(注意)川口駅前行政センターでは受付を行っていないのでご注意ください。
 

申請に必要なもの

1. 交付申請書
2. 被害状況の写真(印刷したもの)
3. 本人確認書類(運転免許証、住民基本カード、保険証等)
4. 法人等の申請の場合は、当該法人等に所属している証、名刺等
5. 本人または同一世帯の人以外の人が交付申請する場合は、委任状(様式は手書き等任意のもので差し支えございません。)。
6. 郵送を希望される場合は、返信用封筒(返信先住所、氏名を書いた封筒に切手をクリップ止めしてください。証明書の希望枚数1〜5通:84円、6通〜10通94円、11通以上の場合は申請先までお問合せください)
(注意)郵送を希望されない場合は、窓口での受取りも可能です。(証明書作成後、お電話をさせていただきます。)

罹災証明書交付申請書(PDFファイル:104.4KB)

罹災証明書交付申請書(記入例)(PDFファイル:111.2KB)

罹災証明書交付書式(例)(PDFファイル:46KB)

自己判定方式について

罹災証明書は現地調査により被害認定を決定することが基本となりますが、住家の被害の程度が明らかに軽微であり、申請者が「準半壊に至らない(一部損壊)」という被害に同意できる場合は自己判定方式(写真による判定)による交付が可能となります。以下の案内をご覧いただき、自己判定方式を採用される場合は申請時にお申し付けください。

自己判定方式(写真による判定)による罹災証明書の交付について(PDFファイル:142.3KB)

住まいが被害を受けた時に最初にすること(PDFファイル:215.9KB)

その他

罹災証明書は、地方自治法第2条に定める自治事務として市町村が被災状況の現地調査等を行い、確認した事実に基づき発行する証明書であり、各種の被災者支援制度の適用を受けるにあたって必要とされる家屋の被害程度について、「災害の被害認定基準について」(平成13年6月28日府政坊第518号内閣府政策統括官(防災担当)通知)等に基づき被害程度の認定を行い、証明するものです。

2.罹災届出証明書

家屋以外の場合や被害と災害の因果関係が確認できない家屋の場合に、被害があったという届出がされたことについて証明を行います。

お使いの保険会社様への申請等に使用します。罹災届出証明書で手続きが可能か保険会社様にご確認ください。
なお、罹災届出証明書は、災害によって被害を受けた事実を市に届け出たことを証明するものです。(被害の程度を証明するものではありません。)
(注意1)家屋の場合であっても、罹災届出証明書の発行は可能です。
(注意2)即日交付することができます。
(注意3)災害が原因の停電による家電への被害について、罹災届出証明書を申請する場合は、電力会社で発行する停電証明書が別途必要となります。

落雷は、他の自然災害と違い、損害の状況が外観から判断しづらく、家電製品等では故障の原因が落雷によるものかどうかについて、市では判断することができません。さらに、落雷の発生日時や発生場所等を特定し、その事実を把握することが困難であるため、市が証明書を発行するために必要な基本的確認行為を行うことができません。このため、市では落雷による証明書の発行業務は行っておりませんので、ご了承願います。

交付申請先・問い合わせ

【危機管理課】(第一本庁舎5階)
  住所:川口市青木2-1-1
  電話 048-242-6357 ファックス 048-257-3535
  電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

申請に必要なもの

1. 交付申請書
2. 被害状況の写真(印刷したもの)
3. 本人確認書類(運転免許証、住民基本カード、保険証等)
4. 法人等の申請の場合は、当該法人等に所属している証、名刺等
5. 本人または同一世帯の人以外の人が交付申請する場合は、委任状(様式は手書き等任意のもので差し支えございません。)。
6. 災害が原因の停電(落雷等)による被害を申請する場合、電力会社にて発行する停電証明書

罹災届出証明書交付申請書および記載例(PDFファイル:64KB)

お問い合わせ
危機管理課防災係
所在地:〒332-8601川口市青木2-1-1(第一本庁舎5階)
電話 048-242-6357(直通)
ファックス: 048-257-3535
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら