社会福祉施設などにおける集団感染症発生時の報告(施設向け)

施設における感染症発生時の報告基準

社会福祉施設などの施設長は、厚生労働省関係局長通知に基づき、以下の報告基準を満たす場合には川口市保健所に対し、事前に連絡の上、感染症が疑われる者などの人数・症状・対応状況などを報告してください。状況等に応じて、報告書等を作成していただいたり、現地を調査させていただく場合があります。

  1. 同一の感染症若しくは食中毒による又はそれらによると疑われる死亡者又は重篤患者が1週間に2名以上発生した場合
  2. 同一の感染症若しくは食中毒の患者又はそれらが疑われる者が10名以上又は全利用者数の半数以上発生した場合
  3. 上記1・2に該当しない場合であっても、通常の発生動向を上回る感染症などの発生が疑われ、特に施設長が報告を必要と認めた場合

施設における感染症発生時の報告方法

次の書類を作成のうえ、ファックス(048-423-8922)またはメール(087.06010@city.kawaguchi.saitama.jp)で報告してください。

提出書類

感染性胃腸炎

インフルエンザ

外部サイト

お問い合わせ

川口市保健所 疾病対策課感染症係
所在地:〒333-0842 川口市前川1-11-1(川口市保健所1階)
郵便物郵送先:〒332-8601 川口市青木2-1-1(川口市役所本庁舎)
電 話:048-266-5557(代表)
048-423-6726(直通)
ファックス:048-423-8852(代表)
048-423-8922(直通:医療機関に限る)
電話受付時間:8時30分~17時15分(土曜日、日曜日、祝日、休日、年末年始を除く)

メールでのお問い合わせはこちら

更新日:2019年11月01日